離婚と戸籍/司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)|離婚と戸籍

離婚と戸籍

離婚すると原則的には結婚によって姓の変わった方は、結婚前の姓に戻ります。
婚姻中の夫婦の戸籍は1つですが、離婚後の戸籍は当然別になります。
婚姻をした場合、どちらかの姓を筆頭とする戸籍を新しく作りその戸籍に入ることとなり、離婚する場合、筆頭とした戸籍から除籍されるため、結婚前の親の戸籍に戻るか新しく自分の戸籍を作らなければなりません。

婚姻により姓が変わった方は、離婚により原則としては婚姻前の姓にもどることになりますが、届出により婚姻中の姓のままでいることもできます。

司法書士行政書士 髙橋法務事務所が提供する事例・相談内容
  • 離婚後の再婚離婚後の再婚

    再婚する場合には再婚禁止期間に留意してください。 再婚をする場合、...

  • モラルハラスメント(モラハラ)による離婚モラルハラスメント...

    ■モラルハラスメント(モラハラ)とは モラハラとは、モラルハラスメ...

  • 生前贈与 税率生前贈与 税率

    相続税をおさえたいなら考えたいのが「生前贈与」です。 司法書士行政...

  • 未成年 相続未成年 相続

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相...

  • 相続税の申告相続税の申告

    ◆相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月 相続税の申告は...

  • お子様がいらっしゃる場合の離婚お子様がいらっしゃ...

    未成年の子がいる場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなけ...

  • 相続人相続人

    現行民法では、相続人は、すべて法律によって定まっており、遺言など被...

  • 相続証明書相続証明書

    いわゆる相続による所有権移転登記(日常的には名義変更登記ないし、名...

  • 主な相続財産と注意点主な相続財産と注意点

    【不動産】 基本的には、固定資産税の納税通知書、課税証明書が有効。...

離婚と戸籍|司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

ページトップへ