慰謝料について/司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)|慰謝料について

慰謝料について

慰謝料
離婚の際の「慰謝料」とは,離婚によって被る精神的苦痛に対して支払われるお金のことです。

慰謝料は,離婚の際に必ず支払われるものではありません。離婚に至る原因を作った有責配偶者に対して,精神的苦痛を被った他方の配偶者が慰謝料の請求をすることができるのです。しかし,離婚理由として多い「性格の不一致」や「価値観の相違」等,どちらかが一方的に悪いわけではない場合は,慰謝料の請求ができなくなるため注意してください


では、どのような場合に慰謝料は認められるのでしょうか?

慰謝料が認められるためには、相手方の行為が違法であることが前提となります。
精神的苦痛を感じていても、相手方の行為が違法とは言えない場合、慰謝料は認められません。
不貞行為と呼ばれる浮気や不倫や暴力が違法行為の典型的な例です。
単なる性格の不一致や価値観の違いでは、違法行為とは言えないことが多く、慰謝料請求できない場合がほとんどです。

離婚の際の慰謝料については大きく次の2つに分類されます。
(1)浮気や暴力など離婚に至った原因行為から生じる精神的な苦痛に対するもの
(2)離婚をすることそれ自体(=配偶者の地位を失うこと)から生ずる精神的苦痛に対するもの

裁判上(1)に基づく慰謝料が認められる典型例は,次のような場合です。なお,あくまでも典型例ですので,慰謝料が認められる場合は,これらに限らず,個別具体的な事情によって異なります。
不貞行為(相手の浮気)
暴力・悪意の遺棄
婚姻生活の維持への不協力
性交渉の不存在

その他の離婚に関する注目ワード
モラハラ夫
ギャンブル 離婚
DV
別居年数

司法書士行政書士 髙橋法務事務所が提供する事例・相談内容
  • 遺産相続 調停遺産相続 調停

    東京相続相談センターは、各種相続手続き、相続税対策相続税申請、遺言...

  • 財産分与について財産分与について

    離婚する際に、財産を分けることを「財産分与」と言います。 離婚す...

  • 遺産贈与税遺産贈与税

    基本的に相続税は、相続が発生したときに遺産を、受け継いだ人に課され...

  • 相続前にやっておくべきこと相続前にやっておく...

    ●遺言書の作成について 遺言書は、相続人間でのトラブルを回避し、相...

  • 分割協議分割協議

    財産の調査が終わり、各相続人が「単純承認・限定承認・相続放棄」のい...

  • 熟年離婚における年金の問題熟年離婚における年...

    熟年離婚の場合、特に問題になってくるのが年金の問題です。 公的年金...

  • 贈与税 相続税贈与税 相続税

    贈与税は相続税を補完する性格から相続税と比較して税率は高いですが、...

  • 遺留分 計算遺留分 計算

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続...

  • 相続欠格相続欠格

    法定相続人であっても、相続資格を失う場合があります。相続欠格事由が...

慰謝料について|司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

ページトップへ