協議離婚/司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

裁判離婚/協議離婚

協議離婚に関する基礎知識記事や事例
  • 裁判離婚裁判離婚

    離婚の中で裁判離婚になってしまう割合はわずか1%です。家庭裁判所で離婚の調停が成立しなかった場合、 夫婦のどちらかが地方裁判所に離婚の訴訟を起こし、離婚を認める判決を得られれば離婚が成立します。...

  • 離婚の種類離婚の種類

    離婚は、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があります。また、認諾離婚と和解離婚もあります。 1 協議離婚 夫婦での話し合いにより決めるものです。 合意ができれば離婚届を提出するだけで離婚が...

  • 協議離婚協議離婚

    夫婦での話し合いにより決めるものです。 合意ができれば離婚届を提出するだけで離婚が成立します。 離婚の理由なども特に問われません。離婚の約90%がこの協議離婚で、調停離婚が9%、裁判離婚が1%...

  • モラルハラスメント(モラハラ)による離婚モラルハラスメント(モラハラ)による離婚

    ■モラルハラスメント(モラハラ)とは モラハラとは、モラルハラスメントの略であり、簡単に言うと精神的な暴力、嫌がらせを意味します。例えば夫婦間では、暴言を吐いたり、家事や育児の仕方を一方的に否定...

  • 親権とは親権とは

    親権は、未成年の子に対する親(父母)の権利義務の総称のことをいう。これは、親が未成年の子を育てるために有する、身分上・財産上の保護・監督・教育などに関する権利・義務であり、具体的には、子を保護監...

  • 調停離婚調停離婚

    離婚する人の9%は調停離婚です。夫婦での話し合いで離婚が成立しない場合、 家庭裁判所に間に入ってもらい、調停を利用して離婚を成立させるものです。 離婚トラブルの場合はすぐに裁判で解決するのではな...

  • 離婚協議書の作成離婚協議書の作成

    離婚協議書とは、協議離婚時の取り決め事項をしっかりと書面に残し、後々にもめることがないようにする為の「保険」のような役割を果たします。つまり、この書面の作成の仕方が良くなければ、後々に火種を残す...

  • お子様がいらっしゃる場合の離婚お子様がいらっしゃる場合の離婚

    未成年の子がいる場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。離婚だけを行い、子の親権者の決定・指定は後で決めることは出来ません。 つまり、離婚後も夫婦の共同親権とする...

司法書士行政書士 髙橋法務事務所が提供する事例・相談内容
  • 借金 相続放棄借金 相続放棄

    【単純承認】とは: 単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に...

  • 相続が発生したら行うべきこと相続が発生したら行...

    相続が開始すると、以下の作業が必要となります。 ●遺言書の確認 ...

  • 相続争い事例相続争い事例

    【ケース1】 長男の言い分:弟は、親の財産はいらないと言って、長い...

  • モラルハラスメント(モラハラ)による離婚モラルハラスメント...

    ■モラルハラスメント(モラハラ)とは モラハラとは、モラルハラスメ...

  • 自己破産とは自己破産とは

    「自己破産」とは、多額の借金により経済的に破綻し、自分の資産では完...

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。 「単純承認...

  • 相続税 相続人相続税 相続人

    相続税の総額は、次のように計算いたします。 1各人の課税価格を合...

  • 生前贈与 税金生前贈与 税金

    相続税をおさえたいなら考えたいのが「生前贈与」です。 司法書士行政...

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続...

裁判離婚|協議離婚

ページトップへ