埼玉 離婚/司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

財産分与について/埼玉 離婚

埼玉 離婚に関する基礎知識記事や事例

埼玉 離婚に関する記事は一時的に表示しておりません。
埼玉 または 離婚に関する記事を表示しております。

埼玉 または 離婚に関する基礎知識記事や事例
  • 財産分与について財産分与について

    離婚する際に、財産を分けることを「財産分与」と言います。 離婚する際には、それまで夫婦で築き上げてきた財産や所有物をそれぞれに分けなければなりません。 早く離婚したいという気持ちが強い場合には...

  • 慰謝料 金額慰謝料 金額

    慰謝料は、財産分与と別個の権利です。現実の財産分与の支払いは、慰謝料と明確に区別せず合算する場合もある。 ※財産分与が慰謝料の性格も持つ事もある。 一般的なサラリーマンでは、財産分与と慰謝料を合...

  • モラルハラスメント(モラハラ)による離婚モラルハラスメント(モラハラ)による離婚

    ■モラルハラスメント(モラハラ)とは モラハラとは、モラルハラスメントの略であり、簡単に言うと精神的な暴力、嫌がらせを意味します。例えば夫婦間では、暴言を吐いたり、家事や育児の仕方を一方的に否定...

  • 裁判離婚裁判離婚

    離婚の中で裁判離婚になってしまう割合はわずか1%です。家庭裁判所で離婚の調停が成立しなかった場合、 夫婦のどちらかが地方裁判所に離婚の訴訟を起こし、離婚を認める判決を得られれば離婚が成立します。...

  • 審判離婚審判離婚

    審判離婚は極めて少ないケースです。調停での離婚が成立しなかった場合、 家庭裁判所が離婚をした方が良いと審判をすることがあります。 審判に不服のある場合は2週間以内に異議を申し立てれば効果はなくな...

  • 有責配偶者有責配偶者

    自ら離婚原因を作って婚姻関係を破綻させた者。有責配偶者からの離婚請求は、原則として認められない。しかし、最高裁大法廷は1987年9月2日、厳しい条件付きながら、有責配偶者からの離婚請求を認める判...

  • 離婚協議書の作成離婚協議書の作成

    夫婦間で離婚をすることに関して合意をしたら、離婚届を役所に提出することで離婚が成立します。けれども離婚後、慰謝料や財産・年金の分割方法、子供がいる場合には、親権や養育費、マイホームを購入している...

  • 生活費生活費

    生活費は、「生計費」や「家計費」とも呼ばれ、日常生活を維持するのに必要な費用(コスト)をいう。これは、個人や家族が、その生活水準を維持するのに日々必要とする財・サービスを購入するための費用であり...

  • 不倫(不貞)行為による離婚手続き不倫(不貞)行為による離婚手続き

    離婚の原因として一般的なのが、パートナーによる不倫(不貞)行為です。 ■離婚調停では証拠が重要 パートナーの不倫が発覚すると、怒りや憎悪から感情的になり、すぐさま相手を問い詰めたり、調停や裁判...

  • 非嫡出子非嫡出子

    非嫡出子は、「婚外子」とも呼ばれ、嫡出でない子であり、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことをいう。一方で、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子のことを「嫡出子」という。なお、非...

司法書士行政書士 髙橋法務事務所が提供する事例・相談内容
  • 生前贈与 税金生前贈与 税金

    相続税をおさえたいなら考えたいのが「生前贈与」です。 司法書士行政...

  • 遺産相続 所得税遺産相続 所得税

    一般に相続は、ただで財産をもらうことになるため、一種の不労所得とい...

  • 相続放棄相続放棄

    「相続の放棄」とは、相続人が相続の開始によって不確定的に生じた相続...

  • 離婚 慰謝料離婚 慰謝料

    離婚の慰謝料とは、不倫などの有責行為で離婚の原因を作った側が、精神...

  • 非嫡出子非嫡出子

    非嫡出子は、「婚外子」とも呼ばれ、嫡出でない子であり、法律上の婚姻...

  • 裁判離婚裁判離婚

    離婚の中で裁判離婚になってしまう割合はわずか1%です。家庭裁判所で...

  • 遺留分 計算遺留分 計算

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続...

  • 相続欠格相続欠格

    法定相続人であっても、相続資格を失う場合があります。相続欠格事由が...

  • 任意整理任意整理

    任意整理とは、司法書士や弁護士が代理人となって消費者金融やクレジッ...

財産分与について|埼玉 離婚

ページトップへ