相続人/司法書士行政書士 髙橋法務事務所(東京都/豊島区、北区、練馬区、板橋区)

債務の相続/相続人

相続人に関する基礎知識記事や事例
  • 債務の相続債務の相続

    相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月の期間内に、単純承認、限定承認又は相続放棄をしなければなりません。もっとも、この熟慮期間内に相続人が相続財産の状況を調査しても、な...

  • 相続財産目録相続財産目録

    財産目録は、被相続人が所有していたすべての財産を一覧にしたもので、多くのの項目について調査する必要がございます。 「相続財産目録」を作成したら、遺産分割協議に備え、分割案の前に相続税の大まかな計...

  • 遺産相続権遺産相続権

    人が亡くなると、その人が持っていた財産は相続人に引き継がれます。遺産は誰がどれだけ相続するのか、長男が遺産を独り占めしている、相続したくない、遺言書を作りたいが、相続手続きはとうする、相続税は...

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません...

  • 相続税 控除相続税 控除

    相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて相続税が発生します。※相続税改正に伴い、この相続税の課税対象が大幅に増加すると予想されているので注...

  • 相続税の申告相続税の申告

    ◆相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月 相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。 申告書は、被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に提出しま...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    相続が発生した場合は、まず「相続人が遺言を遺しているか否か」を確認する必要があります。 法律上有効な遺言がない場合、分割のための協議をすることになります。(なお、遺言があっても、相続人全員が遺言...

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 戸籍 相続戸籍 相続

    被相続人の相続人となる者が誰であるかを特定するため(他に相続人が存在しないことを証明するため)に被相続人の記載がある戸籍等(除籍・改製原戸籍等)が必要です。 戸籍には、原則その戸籍が編製された後...

  • 相続が発生したら行うべきこと相続が発生したら行うべきこと

    相続が開始すると、以下の作業が必要となります。 ●遺言書の確認 相続開始後、遺言書を発見したり、遺言書を保管している人はすぐに家庭裁判所の検認を受けなければなりません。検認は、遺言が遺言者の意...

司法書士行政書士 髙橋法務事務所が提供する事例・相談内容
  • 年金 相続年金 相続

    相続が発生するとやらなければいけないことがたくさんあります。 その...

  • 個人再生とは個人再生とは

    「個人再生」とは個人再生とは、2001年4月にスタートした制度です...

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。 「単純承認...

  • 慰謝料 金額慰謝料 金額

    慰謝料は、財産分与と別個の権利です。現実の財産分与の支払いは、慰謝...

  • 慰謝料について慰謝料について

    慰謝料 離婚の際の「慰謝料」とは,離婚によって被る精神的苦痛に対し...

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類...

  • 遺言 法律 相談遺言 法律 相談

    司法書士行政書士 高橋法務事務所では「遺言 法律 相談」を無料で行...

  • 親権の判断基準親権の判断基準

    親権の判断基準は主に以下のものとなります。 1.母親優先(乳幼児...

  • 相続が確定したら行うべきこと相続が確定したら行...

    ●遺産分割協議 遺言がない場合は、法律に定められた相続人が遺産を相...

債務の相続|相続人

ページトップへ